50. 日米共に金融政策の変更はなく現状維持。

昨日アメリカ(FRB:FOMC米連邦公開市場委員会)では市場の予想通り金融政策に変更はなく利上げは見送られて、市場の大きな予想(期待)に反して日本(日銀:金融政策決定会合)でも金融政策に変更はなく更なるマイナス金利の利下げはなかったよ。

マーケットはどうなったの?

アメリカ時間においてはFOMC会議の内容について発表された後は大きな動きはなかったけど、本日昼過ぎに日銀が発表した直後に為替(ドル円)は111円後半から一気に108円台後半まで大幅(3円も)に円高に動いた結果、午前の取引ではプラスだった株式も午後から大幅にマイナスになり624円も下げて取引を終えたよ。為替(ドル円)は更に一時108円を割り込んだ。

マーケットはまだまだ安定しない感じね。

先週あたりから原油価格が安定してきているのは少し安心感があるけど、まだまだ目が離せないね。まぁ当面、日本の金利は上がる余地はないと思われるよ。

これからもしっかりとマーケットを見続けるわ!